先日、生徒さんに

『「ア・ミューズ」ってなんで「アミューズ」じゃないんですか?』

って聞かれたので

『アミューズ』だとサ○ンとか福○雅○の事務所と同じで紛らわしいでしょ?』

と答えたら、

『なぜ、敢えて紛らわしいア・ミューズって言葉にしたんですか?』

とさらに聞かれました。

これ、実はア・ミューズに入会すると
最初に渡す『会則』的な紙に書いてあるのですが、
ギリシャ神話の芸術の女神『Muse』から取っているんです。

いわゆるAmusementの語源ですよね。
9人の芸術を司る女神の総称です。

実は日本にも芸事を司る女神がいます。

『アマノウズメ』です。

音が似てますよね。偶然でしょうか?

アマノウズメ(アメノウズメ)は日本の神話に登場する女神で、
ご存知かも知れませんが、
『岩戸隠れ』の話のトリックスターです。

ざっと説明すると、
天照大神(アマテラスオオミカミ)が
弟が余りにDQNなんで、
天岩戸って洞窟に引きこもったおかげで
世界が暗闇にしまったのです。

それで八百万の神々はこれはヤバイと
天の安河に集まって

『どーする?このままじゃ真っ暗じゃん』

といってミーティングをしたわけです。

ある神さまは

『とりあえず朝だと思わせようぜ』

と鶏を鳴かせたり、
いろんな祝詞を唱えたり、
様々、プレゼンをしたんだけども、

いっこうにアマテラスは引きこもったまま
出てきませんでした。

そこでアマノウズメがストリップをしたら
それを見た神々はさながら
『ショーパブ』
状態でチョー盛り上がり。

で、アマテラスは

『もしかしてなんか盛り上がってる?』

って好奇心が抑えられず、
とうとう天岩戸から出てきましたとさ。
めでたし。

って話です。

アポロンにプロデュースされて歌い踊るAKB的なミューズと、
自ら胸をはだけ、股ぐらも開いて笑いを取ったアマノウズメでは
かなり違うイメージですがなぜか名前は似てるんです。

どちらもAmusementですけどね。
という事でア・ミューズはこれからも
皆さんを楽しませる存在であるよう
努力してまいります!






教室総合サイト

教室新総合サイト

ア・ミューズサイト2016


サックスサイト

新サックスサイト

Web de Sax the Movie

ジャムセッションブログ

Facebook

網 渦男のYoutubeチャンネル

ジャズ道場 ツーファイブフレーズのアナライズ

WEB de SAX the Movie Vol.1 ~入門編~

WEB de SAX the Movie Vol.2 ~マウスピースについて

WEB de SAX the Movie Vol.3 ~アムブシュアについて

WEB de SAX the Movie Vol.4 ~ファットリップについて

WEB de SAX the Movie Vol.5 ~DuDaDuDaタンギングの練習法

発表会講師演奏2006 SOS

発表会講師演奏2006  I Mean You

発表会講師演奏2007 Mayden Voyage