『シトウさんはどうやって
 アドリブができるようになったんですか?』

以前、ある生徒さんからこんな事を聞かれました。

実は私自身は大学時代、
いわゆる『ジャズ研』には入っておりませんでした。
私が入っていたのは『ビッグバンド』のサークルでした。
そうです。グレン・ミラーやカウント・ベイシーなどの
『ビッグバンド』の曲の『譜面』を演奏するサークルです。

しかし、ご存知の方もおられるかと思いますが
『ビッグバンド』でも曲の中で『アドリブソロ』があるのです。

高校時代、『一応』吹奏楽部に所属していた私は、
『楽譜』はなんとか演奏できましたが
(それでもジャズは難しかったです)
『アドリブ』なんてやった事なかったのです。


先輩にアドリブを教わろうと思っても、
アドリブを教えてくれるような先輩は居ませんでした。

当時の私に出来た事はとりあえず
『参考音源のアドリブをコピーする事』
でした。

それでもその曲を知っている人は
『あれは音源のコピーだな』
とアドリブでは無いことがバレてしまいます。

なんとかアドリブが出来るようになりたいと思っていながらも、
当時は今ほど情報もなく、
誰かプロのレッスンを受けようにも、
学費と生活費の全てをアルバイトで稼いでいた私にとっては
そんな余裕も無いと諦めていました。

今思えば、なんとか無理してでもレッスンについていればよかったと
本当に後悔していますが、若さゆえの無知だったのでしょう。

それでもOBの先輩にプロで活躍されている方がいらっしゃったので
そういうOBが部室に遊びに来るとガッチリとマークして(笑)
色々教わりました。

今思えば、それらをきちんと理解できていたかも
甚だ疑問ですが(笑)なんとかコードやスケールの事などを
わずかながら学べたかと思っています。

大学3年生の時にその頃『これを読め』と言われていた
渡辺貞夫さん著の『ジャズスタディ』を買いましたが、
何が書いてあるのかさえサッパリ解りませんでした(笑)
(今でも新品のようなきれいな状態で持っています(笑))

理論の学習を断念した私は先輩の
『コピーは沢山したよ』
との言葉を信じ、ひたすらジャズマンのコピーをしまくりました。

初めは、1小節に何時間もかかりましたが、
そのうち1回聴いただけで何小節も音が採れるようになりました。
↑2行で済ませてますが、随分かかりましたよ(笑)


ビッグバンドのソロ以外で初めてコピーしたのは、
ソニー・スティットだったと思います。
その後、OBの先輩に洗脳されて
マイケル・ブレッカー→ボブ・バーグ→スティーブ・グロスマン
↑良い子はこの順番、真似してはいけませんよ!
その後やっとソニー・ロリンズ、デクスター・ゴードン、
ハンク・モブレイなどでしょうか。

本来は、コールマン・ホーキンスやレスター・ヤングなど
古い人からコピーして勉強すべきと思うのですが、
そんなことさえもわからなかったのです(笑)


勿論、コピーをしただけで一番大事な
『アナライズ』なんぞ、
一切しませんでした。
そんな事もわからなかったのです。
ですからコピーから何も学んでいない状態でした(笑)


『手癖』をつけただけでそれをいつ使うかも解らないという
本当にアホな大学生でした(笑)。


それでも沢山コピーしていると感覚的に
『あ、ここであのフレーズが使えるかも?』と思って
勇気を出して使ってみると

『奇跡的に』

ハマッたりする事があるのです。

そうするとアホな私は

『オレ、天才かも』

と思ったりしたのでした(笑)
今、私の前に当時の自分が居たら小1時間説教をしたいほどです(笑)

大学を卒業して就職もせずにプラプラとしている時、
とあるビッグバンドのトラ(サポート要員)で練習に行った時に、
私はある方に逢いました。

その方は私にジャズの多くの事を教えて下さったのですが、
そのエピソードはまた別の機会に。

ともかくその方に私はジャズ理論についても教えて頂き、
(きちんと師事したわけではないので申し訳なくて弟子とは言えません)
アホな私でもじゃずのアドリブの世界が少し見えたような気がしたのです。

が、しかし、少々ジャズのアドリブの世界が見えたゆえに

『こんなにたくさんの事をしなければならないのか!』

と理想と現実の距離に途方に暮れたのも事実です。

その後は教わった理論と、大学時代のコピーとが、
セッションと言うリアルタイムの即興と言う場で
少しずつ、少しずつ、融合、醸造していった時期がありました。

少々長くなったので今回はこのくらいにしておきます。