渦男のジャズ道場

八王子の音楽教室ミュージックサロンア・ミューズのサックス講師 網 渦男のブログです。 サックスに関すること、ジャズに関することなどをまとめております。(旧さきこら)

2018年01月

先の投稿で
『巨匠と言われる音楽家は寄り多くの人を感動させた』
という推論で無理矢理締めくくったのですが(笑)

その辺は『恐らく、そうかもね』でご了承して頂いて
話を進めさせていただきます。

まずは感動の基準をはっきりさせたいと思いますが
先の投稿で
『落涙、発汗、鳥肌、心拍数の増加、体温の上昇』
云々、列挙しましたが、実は脳科学的に
『感動ホルモン』と呼ばれるものがございます。(なんだそりゃ)

それはセロトニンです。


セロトニンとはここで詳細に説明する事は避けますが
脳内で生成される物質で厳密にはホルモンではありません。
(『感動ホルモン』と言われるけど)

セロトニンは、その分泌によりドーパミンやエンドルフィンなどの
報酬系脳内物質の分泌を促し、且つ適切にコントロールして
精神を安定させ、幸福感や覚醒感を感じさせます。

実験により感動した時にセロトニンの交換が盛んになる
ということが実際に解っております。

ですので今回、音楽による感動を
『音楽が潜在意識に働きかけ、セロトニンを分泌させた』
と仮に定義するならば、


『感動したからセロトニンが分泌した』のか?
それとも
『セロトニンが分泌したから感動した』のか?
問題が発生します。(ニワトリと卵みたいですな)

つまり感動のメカニズムを
脳科学的に解明しなければなりませんな(笑)

この問題に関しては私はただのサックス講師ですので
東京女子医科大学母子総合医療センター所長の
仁志田 博司教授の言葉をまんま引用しますと…

『脳機能からみた感動するという現象は、
五感および運動感覚を介する外部からの
刺激情報(音楽・景色・故郷の香り・到達感)が、
大脳周辺部においてその感覚情報が
美しい・気持ちが良い・素晴らしいものとして評価されると、
前頭前野の高次脳機能の深い記憶(命の原始記憶・懐かしい思い出)
が呼び覚まされ、それによって報酬系が刺激されて
ドーパミンやエンドルフィン等のサージがおこり、
脳機能全体が高揚する状態になること』

…だそうです。ハイ。

ま、要は

『訳わかんないけど、人として根源的なものと
リンクしちゃってるっぽいのでセロトニンがダダ漏れ』

っつー事でしょうな。
もっと深掘りしてもいいですが、ここらで
当初のテーマの結論はとりあえず出ましたな。

『AIは人として根源的なものが無いから感動しない。』
つーか元々セロトニンなんか出ない(笑)

『音楽と感動』に関しては様々考える価値がありそうなので、
また機会があれば書いてみたいと思います。
以上、酒の席のたわごとでブログを2つも書いてしまいました。
















昨日は教室のビッグバンドのサックスセクションの練習日と
フルート会員のアンサンブル練習日が重なったので、
急遽、合同新年会となりました。

そこで『AIと音楽』と言う話題でこんな議論がありました。
『AI(ロボット)は音楽で感動するのか?』
八王子の居酒屋で壮大なテーマです。

ある方は
『ロボットは音楽なんて解らないから絶対に感動しない』
ある方は
『「絶対」はない、わかるかもしれない』
あるの人は
『まあまあ、どーでもいいじゃないですか(笑)』
ある方は
『お金持ちの演奏者が金を出して
 自分の演奏で感動するロボットを会場一杯に座らせるかも』
私は
『それがビジネスになるなら、その研究はされるでしょう』


アルコールが入っているので甚だ論点がトッチラカッテます(笑)

ざっくり整理すると
①ロボットは音楽を理解できるか?(プログラミングの問題)
②感動とはどのように生まれるか?(心理学、脳科学的問題)
③何を持って感動していると客観的判断がなされるのか?(脳科学的、医学的問題)
と分けられると思います。


①は音響工学的に音楽を数値化してAIに認識させる事が第1歩です。
その上で

『どのような音楽(あるいは波形パターン)に
感動するという反応をするようプログラミングするか?』

です。

ある方は
『もう演奏が正確か否かはAIで判断できるはず』

ある方は
『正確な演奏なら感動するのか?』

一同
『・・・・・・・・・』


と言う事で、まず『感動の基準』を考えねばなりません。
つまり『何を持って感動と定義するのか?』です。
『’感動した』は自己申告ですので、
これを普遍化、一般化しなければなりません。

人間の感動を客観的に観測可能にする要素はあるのか?
思いつくままに考えてみると
落涙、発汗、鳥肌、心拍数の増加、体温の上昇、
脳内ホルモン(セロトニン)の分泌などでしょうか。
これらに変化が見られれば、ウソ発見器のように、
客観的に感動したのか測定できる事になります。
『ホントに感動したのかウソ発見器にかける』は
AIに応用できないのでNGです(笑)


次に②ですが、これは『感動のメカニズム』を考えねばなりません。
どのような情報により感動と言う反応が起こるか?です。

ただしここで『感動』と言うとざっくりしすぎて
広げる風呂敷がでかすぎなので、とりあえず独断で

『聴いただけで理由もわからず涙してしまった状態』

としましょう。

そうでないと、

『孫が3歳なのにあんなに上手にピアノが弾けて感動した』とか
『激しいステップを踏みながらバリトンサックスを吹くなんて感動した』とか
『弦が途中で切れたにも関わらず演奏を続けて感動した』とか
『引退を前に紅白に出てくれただけで感動した』とかも入ってしまいます。

ただし、『理由もわからず』というのは
『理由が無い』訳では在りません。
『意識的に原因が解らない』だけで
『無意識、潜在意識』には何らかの原因があり、
演奏がトリガー(キッカケ、縁)となって、
感動という結果をもたらしていると推測されます。

演奏を聴きながら聴衆は、『何か』を感じ、
その答えがわからないまま感動したり、
『何か』を勝手に脳内でストーリーを創造(想像)したりして、
感動にいたるのでしょう。

つまり、感動とは音楽そのものに内在する要素では無く、
観察者(聴衆)との関係性において発生するもの
(何やら量子力学のようになって来ました)
と言えるのでしょう。
1000人の聴衆のうち何%が感動するか?
その公約数を探る研究になってしまいます。
でもその確率のレースで生き残ったのが
バッハやモーツァルト、マイルス、コルトレーンのような
『巨匠』達だと言えるのでしょう。
彼らは聴衆のどんな最大公約数に訴えかけたのか?

これが感動の秘密を握っているのかもしれません。
長くなったので続きは次回に。














2年前、私はベースとデュオのライブをやりました。
脳卒中の後遺症で即興演奏が以前のように出来なくなり、
私はもう人前での演奏を諦めかけていたのですが、
幸運な事に、世界的に著名なある2人のジャズミュージシャンから
『ライブをやりなさい』
『決して諦めてはいけない』
とアドヴァイスをいただいたのです。

アドリブができない事に加え、通常の楽譜がありきの演奏でも
まだ半身マヒが完治していない私は
以前のようなクオリティでプレイできるか不安でした。

さて、私は悩みました。
アドリブをしないライブをジャズライブと言えるのか?
何を持ってお金を頂く資格があるのか?
恥ずかしい事にわからなかったのです。

裏を返せば、『アドリブさえやればジャズだ』
と短絡的に思っていた自分に今さら気がついたのです。
ライブを決めたものの、私の悩みの答えは
なかなか見つかりませんでした。

演奏する曲はジャズスタンダードにする訳にもいかず、
『昭和歌謡』と逃げました(笑)。

そして曲目の1/3はオリジナルそのまま、
1/3はジャズっぽいアレンジで、
1/3はアドリブを少々やる。
というコンセプトにしました。

少々のアドリブさえ本当に出来るのか
全く自信はありませんでしたが、
アドリブを期待していらっしゃる人もいるであろうと配慮し、
自分を追い込んだのです。
『恥さらし』になってしまうリスクをあえて選びました。

アドリブ無しのライブに商品価値はあるのか?
この答えを私は自分の教室のクラシック系の講師に聞きました。

彼女達は『それは努力して演奏に自信を持つことです』と
一様に答えました。

答えになってるようでなっていないような(笑)
私は余計に解らなくなりました。

技術の追求か?それにゴールなんてあるのか?
技術に人は金を払うのか?
プロの音楽とは技術なのか?
だとしてもマヒした左手と口と舌と喉で技術を追求できるのか?
答えは見出せないままでした。

とりあえず、楽譜通りの曲は何度も何度も必死に練習しました。
肉体的に出来ないと箇所は楽譜を手直ししました。

アドリブの箇所は瞬間的に筋肉が反応できないため、
今までよりも早いタイミングで思考する訓練をしました。
1秒先では無く3秒先を予測し、浮かんだフレーズのうち、
右手を主に使うフレーズのみプレイするフィルターを
脳内に設置しようと試みました。

アドリブ無しのジャズミュージシャンに
お金を払う、払わないの境界線が解らないまま
本番を迎えました。

ライブが終った私は本当に申し訳ない気持ちと、
悔しさと屈辱感でその場から立ち去りたい気持ちでした。

しかし、お客様からは意外にも
『良かったですよ』との声を頂きました。
モチロン200%お世辞だと思いますが、
良かったと言われた曲はアドリブ無しの曲だったのです。
もしかしたらアドリブが余りにもひどかったからかもしれませんが(笑)
『また聴きたい』とも言われたのです。

不思議に思った私は後日、あるジャズシンガーに訊きました。

『アドリブのスキャットをしない曲を歌う時、
何を持って私の歌はジャズと言い切れますか?』

随分と失礼で、突っ込んだ質問をしたものですが、
それが私の探している答えだろうと思ったからです。

そのジャズシンガーは言いました。

『私の歌を聴いて、お客さんが体を動して、ハッピーに見えたらそれがジャズよ。』

なるほど。
ジャズ-アドリブ=
答えが解ったような気がしました。


前回の投稿の最後に『日本語がきちんと話せて』と書きましたが、
その理由はアドリブの習得と言語の習得は非常に似ているからです。
この考えにはプロのジャズマンは100%同意するでしょう。


レッスンを受けている人であっても独学の人であっても、
ジャズのアドリブを学んでいる人の中には、
ツーファイブフレーズなどの『Lick』を覚えなければアドリブは出来ない
と頑なに思い込んでいる人がいます。

私の教室に来た生徒さんにもおりました。
『何百もフレーズ覚えないとジャズってできないんですよね?』
と聞かれたのです。
私はこう聞き返しました。
『○○さんは日本語を話せるように為に何百も文章を覚えましたか?』
皆さんはいかがでしょうか?

恐らくは赤ちゃんの頃から、まずは簡単な『単語』を覚え、
やがてそれを『状況に応じて』使い始め、
さらにそれらの単語を『組み合わせて』使い始め、
段々と長い文章を使いこなせるようになったのではないでしょうか?

けれども、巷に氾濫するジャズの教本はどうでしょう?
理論書があり、フレーズ集があり、
1コーラス丸々完成品が記載されている『参考(模範)ソロ集』があり、
偉大なジャズマンのソロコピー集があるだけです。

理論書は文法書に当たります。
これだけでは言語はマスターできません。英語の授業がそうでした。
物事の構造仕組み、ルールを学ぶ事は必要ですが
それだけでは充分条件にはなりません。

フレーズ集は英語の例文、構文集になります。
テストで覚えれば点は取れますが、テストが終れば忘れます。
覚える事に意義があり、使うためには意義を感じられないので
テストが終れば脳は記憶を削除します。

模範ソロ集やソロコピー集は
エッセイや文学作品に当たるでしょう。
感銘を受けたり、感動したりしますが、
分析して研究しないと身になりません。
そのまま転用、流用したら単なるパクリです。
オマージュだ。リスペクトだと開き直っても構いませんが(笑)

このような英語教育を受けたから
このような教本しか出版されていないのか否かは解りませんが、
このような教育でも独学で英語をマスターできた人は
現状のアドリブ教本でもアドリブをマスターできるでしょう。
でも多くの日本人が英会話をマスター出来なかったように、
教本の氾濫の割りにアドリブ挫折者が多いと言うのが現状でしょう。

皆さん、早くそこに気がつきましょう。
もう教本コレクターになる必要はありません。
当たり前の、本来在るべきやり方でアドリブを習得しましょう。

古来、日本人は大陸に渡り中国や朝鮮の言語を学び、
建築や社会制度などを輸入してきました。
日本人も言語能力は本来は素晴らしいはずなのです。

日本人はさらに漢字、平仮名、カタカナを巧みに使い分けております。
『音楽』と言う字を見ただけで
『音を楽しむ』とか『おと、オン、ね』と『たのしい、ガク、ラク』とか
という付加情報も容易に連想できます。
『CM7』を見て『ド、ミ、ソ、シ』や『ドレミファソラシド』を
連想する事くらいは訓練すれば可能でしょう。

このような音に対する情報を『音読み』と『訓読み』のように
『スケール』や『コード』といった要素に分けて整理し、
インプットしていけば、今ある貴方の言語中枢をそのまま使って、
アドリブが可能になるのです。
左脳の記憶によってのみやろうとするから
英語もアドリブも出来ないのです。

今から『カッコイイけど意味の解らないツーファイブフレーズ』を
何百も覚える必要はありません。
SVOの文法のように『スケール』や『コード』と言う単語を使って
文章を作っていけば良いのです。

その方法を私は
『コマンド式フレーズ生成法』略して『コマンドメソッド』として
レッスンでも使い、教本でも紹介しております。

これまでの著作の内容についてのご質問をよく頂くので
以下に簡単に紹介させていただきます。

【初心者向け】→スケールやコードから学びたい
『初めてのアドリブVol.1』
https://goo.gl/KW2tm7

『ジャズ道場 初級篇』
http://www.a-muse.jp/textbook/#dojo

『おジャズのおケイコ』(マンガ)
http://www.a-muse.jp/textbook/#ojazz

【中級者向け】→ダイアトニックな曲ならアドリブ可能
『初めてのアドリブVol.2』
https://goo.gl/2i1Ss6

『ジャズ道場 中級篇』
http://www.a-muse.jp/textbook/#dojo

『ジャズアドリブドリル』
http://www.a-muse.jp/textbook/#drill

【中の上級者向け】→アドリブのマンネリを打破したい
『初めてのアドリブVol.3』
https://goo.gl/kyh12T

『スタンダードコレクション』
http://www.a-muse.jp/textbook/#collection











ジャズのアドリブ習得の為の教材は世の中にたくさん出回っております。

ジャズ初心者の方はいったい何から学んだらよいのか戸惑ってしまうでしょう。

また音楽自体の初心者であれば尚更です。


地図も羅針盤も持たず、音楽という大海に漕ぎ出し、

ジャズという危険な(笑)未開の地を冒険するのは至難の業に思えてしまいます。

まず何から順番に学べばよいのか?すら解らなかったり、

例えボンヤリと解っていても、それが正しいのか自信がない

と言うのは無理もありません。


整理して順番に考えて見ましょう。

まず、ジャズのアドリブという行為は

コード(和音の響き)やスケール(調性)を考慮して、

即興でメロディを紡いでいくこと。ですよね?


作曲は音楽の3大要素である

『メロディー』

『ハーモニー』

『リズム』

を全て創造していく行為ですが、

ジャズのアドリブは通常、ハーモニーとリズムは決まっております。

全くの即興演奏でない限りはジャムセッションでは

題材となるスタンダードやブルースなどの曲を決めて、

そのテーマを演奏し、そのままアドリブコーラスへと演奏が進みます。


ソリストはその曲のコード進行(大抵はテーマと同じ)に則って、

メロディを紡ぐわけですから、ヒントとなるのは

『ハーモニー(コード)』と言う事になります。

また、多くのスタンダード曲はテーマとアドリブでリズム、

つまりテンポやビート(4ビートやラテンなど)は同じである場合が多いですから

『リズム』もまた新に創造する必要はありません。(しても良いですけど)


そうなるとジャズのアドリブは作曲と違い、

『瞬間的にメロディを創造する行為』だと言えます。

そしてそのヒントはハーモニーやリズムとなります。

※ピアノやギターはアドリブでコードのみでヴォイシングする事もあります。


ですので、アドリブを学ぶには『メロディとはなにか?』を

学ぶ事からスタートしなければならないという結論になります。


作曲の場合、はじめにメロディを作り、それにコードを付ける。

という順序もありますが、ジャズのアドリブはコードは既に決まっております。

そしてそのコードの『響きに合った』音を用いてメロディを創造するのですが、

『合う音』と『合わない音』があります。音楽的に言うと

『協和音』 と『不協和音』と言うものです。


厳密に決まってはおりません。

以前は『使ってはいけない音』と言うものがありました。

今でも有るといえば有ります。人によります。

30年前、お寿司にマヨネーズをつけたり、

大福にイチゴを入れたりはしていませんでしたよね?

サウンドの好みも刺激を欲して変わっていくものです。

カレーにコーヒーやジャムを隠し味で入れるように使い方にもよります。


そのようなコードとの『相性』を考慮し12個の音を上手い事使って

メロディーを瞬間的に作っていくのです。


料理と同じく、美味しくするには『基準』が必要となります。

それが『ジャズ理論』なるものなのですが、これが難しいのですよ(笑)。

厳密に言うと非常に『難しく書かれている』んですよね~(笑)

多くの人はアドリブにチャレンジしても『理論書』的なものを

買って、読んで、理解できず、挫折してしまいます。

私も若い頃そうでした(笑)。


まず理論書の聞き慣れない単語のオンパレードに頭がクラクラしてしまいます(笑)

さらに、往々にして理論書というものは言葉が足りてません。

解ってる人が解らない人のレベルを考えないで単に説明してたりするので

初心者には『スッポリ何か抜け落ちている感』を感じるのです。

何か『はしょられた』気がして理解できなかったりします。

どうしてそうなるのかという論理の飛躍があるような印象を受けてしまいます。

そこで『やっぱり自分にはアドリブは向かないんだな』と諦めてしまうのです。


でも安心してください。

日本語がきちんと話せて、楽器の演奏が出来れば

『アドリブは誰にでも可能です!』

少々長くなったので、その理由は次回の投稿で詳しく書きます。


これまでの著作の内容についてのご質問をよく頂くので
以下に簡単に紹介させていただきます。

【初心者向け】→スケールやコードから学びたい
『初めてのアドリブVol.1』
https://goo.gl/KW2tm7

『ジャズ道場 初級篇』
http://www.a-muse.jp/textbook/#dojo

『おジャズのおケイコ』(マンガ)
http://www.a-muse.jp/textbook/#ojazz

【中級者向け】→ダイアトニックな曲ならアドリブ可能
『初めてのアドリブVol.2』
https://goo.gl/2i1Ss6

『ジャズ道場 中級篇』
http://www.a-muse.jp/textbook/#dojo

『ジャズアドリブドリル』
http://www.a-muse.jp/textbook/#drill

【中の上級者向け】→アドリブのマンネリを打破したい
『初めてのアドリブVol.3』
https://goo.gl/kyh12T

『スタンダードコレクション』
http://www.a-muse.jp/textbook/#collection















レッスンの受講生からこんな質問を受けました。

『シトウさんの教材って
 何でジャズ道場っていうタイトルなんですか?』

『え?なんでダメかな?』

『まー、ダサいっすね』

『や、やっぱり?』

『ですね。』

そうなんです。
なんか、もっとカッコイイタイトルも考えたのですが(笑)、
実は私、小3から中2まで柔道やってたんですよね。
それで柔道の稽古で
『打ち込み』と『乱取り』ってのが有るんです。
『打ち込み』は技の形、体の動作を正確に繰り返すのです。
初めはゆっくり正確に、慣れたら素速く。
で、一連の動作が流れるように一瞬で出来たら
『乱取り』に入ります。
『乱取り』は試合と同じように組んで体裁きをしながら
技をかけるタイミングをつかみます。
かける方とかけられる方を交代しながらの実践的訓練です。

私のレッスンもこの要領でやってます。
初めはコードやスケールをメトロノームに合わせてプレイ。
この段階は音を間違えないよう正確に、
またタイムやアーティキュレーションにも配慮します。

次にカラオケに合わせて入るタイミングを変えたり、
フレーズ自体のリズムを変えたりして
グルーヴの違いを感じてもらったりします。

慣れたらそのフレーズの活用形も派生的に覚えてもらって
サウンドの違いを体験してもらいます。

ここまでは『このフレーズをプレイしてください』
と決めてやる訓練です。

次に『自由にどうぞ』と言ってカラオケを流します。
ここで練習の成果が縦横無尽に出せればOK。

『自由に』の意味を誤解している人は
せっかく練習でやった事をやれません。
『自由に好きなようにプレイする』と言うと良く聞こえますが、
それは『練習前の自分という呪縛を解けない状態』でも有るからです。
『自由』なようで変化に対応できない『不自由』な状態と言えます。
ジャズはスィングジャズ→ビバップ→モード~
と時代によって進化してきた音楽です。
“Jazz and Freedom go hand in hand.”
セロニアス・モンクの言葉です。

レッスンの度に、地道かも知れませんが
自分の表現手段を拡大し自分が進化する過程を
自分を褒め讃えながら楽しんでいただければ幸いです。

私の教材の紹介→http://www.a-muse.jp/textbook/
















↑このページのトップヘ