イタリアジャズ界ではもはや、トップミュージシャンとしての
地位を確立しているMax Ionatas氏のワークショップが
神保町のマーマデュークミュージックに於いて開催された。

私は一昨日のMaxの来日の歓迎の食事会に
光栄にもマーマデュークの宮武氏にお誘い頂き、
憧れのミュージシャンとの距離が縮まる至福のディナーとなった。
本日のワークショップもそれに続き、ご招待頂いての参加であった。

13:55の開催予定時間の前にすでに会場には参加者が押し寄せていた。
参加者がそろい、会場が手狭になってきたため、
各自楽器を出してケースは店の階段にと言う事になった。
私は今回は楽器を持参せず『聴講のみ』と言う形で参加したのだが、
本当にその選択は正しかった。
参加者の楽器はぶっ飛んでしまう銘器ばかりである。
私の20万そこそこの愛器を持っていったら果たして
何と言われるか想像すらしたくない(笑)


ワークショップの始まりはMaxのデモ演奏からだった。
Maxがリクエストを聞くと参加者から『But Not For Me』との声が上がり、
MaxはOKした。(サポートにベーシストが来ていたが名前は失念した)

彼のソロは『今日はどんな内容を話そうかな?』
と楽しそうに考えているようなソロであった。

最初はシンプルなコードシーケンスからコードを余裕をもって捉え、
短いモチーフを空気中にホーンで軽く放り投げると、
眉毛を上げながらベルでそれをキャッチして
リズムをトレースしたり加工したりしながら、また宙に解き放つ。
まるでサッカーのリフティングでも楽しんでいるかのようなプレイであった。

しかし回数を重ねるごとにそのフレーズは複雑化し、
コードシーケンスからモダンジャズの王道LICKへ、
その後にはモーダルなアプローチから
80年代のスティーブ・グロスマンのペンタトニックのアプローチ、
マイケル・ブレッカーのような90年代のコンテンポラリーなフレーズや
そして2000年以後のヘキサトニックやペアトライアド的な抽象的な
アプローチでのイン&アウト。
まさにこれだけメニューありますけど何にしましょう?的な演奏であった。
贅沢な演奏が終わるとMaxは何を話そうか?と聞いたのだが、
参加者からもこれと言ったリクエストがとっさには返ってこなかったので、
彼の方から
『皆さんはCメジャーの時にどんな音をプレイするかわかるかな?』
と質問した。

ある方が
『アボイドノートがFだという事は知っています。』
と発言した。

私より若いミュージシャンに見受けられたが
『アボイドノート』なんて伝統的で真面目な概念を待つ人が
若手にもいるのだなぁと少々驚いた。

その質問が吉と出てワークショップの前半のテーマは
まさに4度を抜いた『ペンタトニックアプローチ』となった(笑)。

有料のワークショップだったのでこの詳細は
ここで紹介することはできないが、大体は
バーガンジのそれとほぼ同じ内容だと言ってよいと思う。

素晴らしかったのは全員で8バースを回して体感させたという事だ。
理論だけではいけない。サウンドは経験し、味わって初めて血となり、肉となるのだ。
また、すぐに他人のアプローチを聴くのも良い事だ。
脳が新鮮な刺激を受けている内に発想が何倍にも膨らむからだ。

レクチャーは様々なコードへのペンタトニックアプローチについてと発展し、
一通り、実技を交えて解説し終わるとMaxは発展系として
多少アウトしたサウンドのペンアットニックやペンタトニック以外のフレーズの
運用をしてみせた。

冒頭のBut Not~のソロ後半部分のアプローチである。
Maxはこれらを自由に用いて『House』に帰れば良いと言っていた。
用はトニックに解決した時(など)にインサイドに戻ればよいというわけだ。
私はMaxがどのようにアウトするのか興味があったので質問させて頂いた。

と言うのも学生時代グロスマンやブレッカーをコピーしていて
グロスマンやジミヘンはペンタトニックのイン&アウトの遠近法
(つまりスケール(調性)の音がペンタトニックにどれだけ共通音が見受けられるか?
インサイドは5/5アウトサイドは0/5であるので12種類ペンタの距離が解る。)
を感覚的に耳でやっているように思えたのだ。
逆にトレーンやマイケルは計算してやっているように思えたのだ。

果たしてMaxは?
彼はFeeling&Hearingと言っていた。
良かった思った通りだった。私の好きなタイプである。
彼は感覚派だった。

その他にも沢山のレクチャーがあったが、
私が次にうれしかったことは
Maxが『Training Brain』と『Playing Brain』の話の時に
All The Things You Areでコードシーケンスを半コーラスやった後に
『Space!』と言ってしばらくなにも吹かない状況を作り、
『音をできるだけ減らすのだ』と言ってフレーズを減らしていった。
これはまさに私が昨日自分のワークショップでやった
コードシーケンスと『高倉健的アプローチ』と全く同じであった。
この瞬間、『私の教え方は正しかったのだ』
と心の中でガッツポーズを取ったのは言うまでもない。

後はMaxが『シークレット』と言っていたので秘密に致します(笑)
どうしても聞きたい人は直接私に聞いてくださいな(笑)