今回から始まる『愛すべき世界のアマチュアプレイヤー』。
記念すべき第1回目は김경회(キム・ギョン・へ)さん。

この動画は偶然見つけたのだが、まずイントロのタイトル文字の
アニメーション編集のセンスがグー。

カラオケの昭和感と相性はチリバツでございます。
そしてゴッドファーザー=星条旗という発想がナイスじゃナイスか。

センスがあまりにイカしてるのでここまでのコメントも
かなり昭和になってしまうほどです!
そしてテナーサックスの音色もラシスバです。
ムードテナーは斯くあるべし。
という深く、渋く、雑な ワイルドな野太い音ですね。
しかもメロディのフェイクにこのキムさんの人柄が感じられます。
1音1音全部タンギングするところからは意志の強さを感じられますし、
テーマの2小節目の付点4分音符には生真面目さ、几帳面さを感じます。
ヴィブラートもきっちり16分音符のパルスでかけるあたりは熟練の技ですね。

そして映像はなぜか豪邸(マフィアだから?)に仔犬と少女。
この手ブレ感とかなんかリアルで、ちょっと心配になるのは考えすぎでしょうか。
エンディングはこの少女の水着映像で終わるという、
なんか微妙にひっかかる感じはキム氏の狙いなのでしょうか?

そもそもこのキム氏は何者なのでしょう?
アメリカ在住の韓国人大富豪でしょうか?
チャンネル登録者が450人以上いるというそこそこの人気者です。

謎めいた愛すべきアマチュアサックスプレイヤーのキムさんでした。