渦男のジャズ道場

八王子の音楽教室ミュージックサロンア・ミューズのサックス講師 網 渦男のブログです。 サックスに関すること、ジャズに関することなどをまとめております。(旧さきこら)

カテゴリ: 告知

先週発売したジャズアドリブ教本
『スタンダードコレクション』(黒本対応)
の宣伝動画を作りました。

作っているうちに調子に乗って
色々マニアックなネタをこっそり仕込んだりしたので
かなり編集に時間がかかってしまいました。
サクッと作っても良かったのでしょうが
『無駄なところに凝る』という悪い癖です(笑)

で散々凝りまくってアップしたら、
著作権的な問題でスマホでは見れないという(笑)
オチがつきました。
すぐにBGMを著作権フリーのものに差し替えて
別ヴァージョンをアップしたのですが、
なんかツッコミどころが半減して残念なので、
このブログでも紹介しようかと。
まあ、早くも良くない評価の方が多いのですが(笑)


PCで見れるオリジナルヴァージョン↓




スマホで見れる差し替えヴァージョン↓



こんな事に時間費やすならもっといい教材をどんどん出せ!
とのお叱りの言葉を頂くかもしれませんが、
私が目指すところは教育とエンターテイメントの融合ですので
お許しを(笑)

このブログではジャズスタンダードの超簡単な解説をしていますが、
それがきちんとアーカイブされていないので
お目当てのページにすぐに飛べるように一旦まとめます。

今回(2017年7月)に発売した第1弾
『スタンダードコレクションvol.1~12』
の分をとりあえずは以下にIndexします。

スタンダード曲ごとの解説と商品紹介ページ

01.Mack The Knife→Jamp!

02.Black Orpheus→Jamp!

03.Take The “A” Train→Jamp!

04.Bye Bye Blackbird→Jamp!

05.I'll Close My Eyes→Jamp!

06.Fly Me To The Moon→Jamp!

07.Oleo→Jamp!

08.All of Me →Jamp!

09.There Will Never Be Another You→Jamp!

10.Stella By Starlight→Jamp!

11.Night And Day→Jamp!

12.Girl From Ipanem→Jamp!


全ての巻の目次を一気に見る→Jamp!

㈱グローバルのフラッグシップモデルである
『イオ セライバフリーシステムモデル(アルト)』(AS1065SF-GL)
の期間限定特別セールのご案内です。

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、
昨年、台湾製サックス『イオ』の製造販売が
惜しまれつつも中止となってしました。

イオは台湾のジュピター社の工場の一画で生産されていた
㈱グローバルの設計によるサックスです。
近年、有名サックスメーカーが実際はほぼ中国やベトナムでの
生産に移行し、クオリティが以前と変わってしまっている
という状況(あまり詳しくはかけませんが)の中で
台湾製のサックスの評価が高くなって来ていました。

理由は2000年以降、有名なS社の職人が大量に
台湾にヘッドハンティングされた事で、あの伝統と技術が
台湾の工場に継承された事によります。

特にイオはS社のサックスの良い所を可能な限り継承し、
デメリットである音程のバラつきや抵抗の強さなどを
改善した初級~中級者にもうれしいモデルとなりました。
その品質の高さから多くのプロも愛用しているモデルです。 

私はその開発の段階(15年ほど前でしょうか)から
試作品の試奏など、関わらせて頂きましたが、
初号機はまさに『S社のそれそのもの』という印象で、
当時の台湾の技術に脅威を感じたと共に、
新時代の到来を予感させられたのを記憶しております。

さて前置きが長くなりましたが、この度、そのイオの
最上級モデルである『セライバフリーモデル』のアルトが
製造中止にも関わらず、3本ほどご紹介できます。

セライバフリーはサックスの悩みの種である
『つば漏れ』を軽減する為に改良されたモデルです。
管内に磁石で金属棒を吸着させる事で管内の水分の流れを
コントロールし、左手タンポのつば漏れを防いでいます。
 
しかし、私が特筆すべきと思う所はそこではありません。
実はこのモデルは左手パームキーの位置も変更されております。
それが高音域(High D、D#、E)の抜けを良くし、
かなり太く豊かで安定した音を出す事に成功しております。
高音が苦手な方はこれにより難なく高音域の演奏が可能になる
のではないか?と思います。実際、私の生徒さんもこれで
大きく変わりました。
まさにこの価格帯で言う事無し、大満足の楽器です。

あえて解る人にだけ解るようなそ例えで言うならば(笑)
『S社があの頃のように現在もサックスを生産していたらこうなったのかもしれない』 
というイメージです。
過剰な装飾や仕上げなどで奇をてらう事もせず、
サックス本来の設計、材質などを重視し
『ちゃんと作っている』サックスです。
ある意味『玄人ウケ』のモデルですので
サックスの良し悪しが解る人に買って頂きたいと思っております。
吹けば必ず満足はしても後悔はしないでしょう。
イオはあえてモニターや広告塔は使わず、
その品質のみで多くのプロが愛用し、絶賛するモデルです。 

イオシリーズ自体、昨年、製造中止になったので
現在このセライバも手に入れるには、
全国の楽器店の店頭在庫を当たるか、
中古を探すかしか無い希少モデルとなる状況かと思われます。
 

しかもその価格は定価307,800円(税込)のところを
216,000円(税込)で提供できる事になりました。

『~銘機が嫉妬する~』というキャッチフレーズで
発売されたイオがまさにその通りの理由で
(詳しく言えませんが)生産終了となってしまったことは
何とも残念で感慨深いものがありますが、
ぜひこの機会に幻の銘機『イオ セライバ フリー モデル』を
手にしていただければと思います。
現在残り1本となりました。 

お問い合わせ、ご購入希望の方は
musicsalon.amuse0301@gmail.comまで連絡ください。
期間は本日より2/9まで  3/13までの期間限定となります。

参考サイト
アルトのセライバではありませんが
イオのテナーの標準モデルの音源が聴ける私の旧ブログです。
http://a-muse.seesaa.net/article/77885760.html

メーカーの商品ページ(価格は消費税5%時のままのようです)
http://www.global-inst.co.jp/misc/io_saliva-free.html

メーカーカタログのページ
http://www.global-inst.co.jp/misc/io_sax_web.pdf




最近レッスンで『ジャズのアーティキュレーション』
について解説しています。

サックスで何を持ってジャズらしいプレイか?
と考えたときに、サウンドやタイム感などもさることながら
私個人としては『アーティキュレーション』である!
と考えているからです。
グルーヴ感もアーティキュレーションが重要だと思います。

私はアーティキュレーションとは『おしゃれ度』とか『センス』
だと思います。『品格』と言ってもいいかもしれません。
自分の発する言葉に対して、どれほどのこだわりをもっているか?
だと思うのです。

ビッグバンドにおいてもアーティキュレーションが重要です。
実際の社会においても同じコミュニティの人々は
同じような言葉を使ったり、同じような喋り方をします。
ガソリンスタンドと美容院では店員の話し方は違いますよね?
訛りが一緒だと連帯感も生まれたりします。
ですからビッグバンドではセクションごとに
アーティキュレーションをあわせるのが必須なのです。
これを是非ご覧ください→https://www.youtube.com/watch?v=AZw2n90thHk

言葉はその人の出自をも表現する場合があるのです。
アーティキュレーションもジャズらしいアーティキュレーションと
当然そうでないものがあります。
最近はアマチュアジャズプレイヤーの方が
Youtubeなどに自分の演奏動画をUPしているのを良く見かけますが、
ジャズらしいアーティキュレーションでプレイしている人は
残念ながら少ないのです。

稀にですが『自称プロ』のプレイヤーや講師の方も
『おや?』というアーティキュレーションでプレイしている事もあります。
『ジャズなんだから自由だ!』と主張されるかもしれませんが、
それが『おしゃれ度』『センス』『品格』と言った所以です。

アーティキュレーションにはそれが構築された歴史や理由、効用が有ります。
歴史とは『淘汰』『洗練』と意です。

現代の所謂ジャズっぽいアーティキュレーションを構築したのは
彼のチャーリー・パーカーでした。
ですから彼はミュージシャン達から
『アーキテクチャー(建築家)』と呼ばれたのです。

それ以前のスウィングジャズには一貫したアーティキュレーションは存在しませんでした。
ホーキンスやレスターはパーカーとは違う話し方をしていたのです。

このパーカーの話し方は現代のジャズマンにも脈々と受け継がれ、
機能し、成立ています。まるで中世ヨーロッパの伝統建築のように。
そういった意味でジャズとは常に変化をしながらも
伝統と革新がバランスよく融合している。とも言えるでしょう。

話を戻しますがジャズのアーティキュレーションには
ある程度の『法則』があります。統計的なパターンです。
私はそれを『ジャズのアーティキュレーションの掟』と銘打って
レッスンしています。
近々、出版する『ジャズサックス奏法大百科(仮題)』でも
細かく解説し、エクササイズや譜例もつける予定です。
非常に長い『宣伝』でした(笑)。



八王子音楽教室A・MUSE総合サイト
八王子音楽教室Let's Play Tongetherサイト
今日からミュージシャンスタート2016
八王子音楽教室A・MUSEサックスサイト
Web de Sax
八王子のSAX LESSON
八王子音楽教室 渦男のジャズ道場
オススメのアドリブ教材
八王子の大人の部活ジャズ部
Web de Sax the Movie
八王子音楽教室A・MUSEジャムセッションブログ
八王子音楽教室A・MUSEFacebook
網 渦男のYoutubeチャンネル
ジャズ道場 ツーファイブフレーズのアナライズ
WEB de SAX the Movie Vol.1 ~入門編~
WEB de SAX the Movie Vol.2 ~マウスピースについて
WEB de SAX the Movie Vol.3 ~アムブシュアについて
WEB de SAX the Movie Vol.4 ~ファットリップについて
WEB de SAX the Movie Vol.5 ~DuDaDuDaタンギングの練習法
発表会講師演奏2006 SOS
発表会講師演奏2006  I Mean You
発表会講師演奏2007 Mayden Voyage
教材プロモーション動画


  






町田のIn To The Blueに着いたのは、
22時になろうかとしている頃だった。

私は仕事を早めに切り上げ、
横浜線に飛び乗った。

大野俊三ジャパンツアーの関東圏が
今夜、町田からスタートするのであった。

私は大野氏の東日本の興行の担当として、
メンバーや関係者に挨拶がてら、
大野氏に会いに行ったのだ。

線路沿いの一本道を歩いて店に前に来た途端、
名月の夜空をバリバリと切り裂くような
トランペットの音と、
ビルの鉄骨にさえズシンと鳴り響いてるかのような
ドラムの低い音が聞こえてきた。

『たいそう盛り上がってるな。』
そう思って私はエレベーターに乗った。

店のドアを開けるとそこは音の洪水だった。
嵐と言ってもいい。

とにかく店中に轟音が鳴り響いている。
マンガで描いたら擬音語で
コマが埋め尽くされるほどだ。

バタバタ、ドタンに
ボコボコ、ジャンジャンと
嵐のようなドラムの雷雲を
バリバリとトランペットが稲妻の様に引き裂いて
音の光線を縦横無尽に放っている。

『なんだこれは。』
私はここ何年も大野氏の演奏を
目の前で見、聴いてきたが、
こんなのは初めてだ。

マイルスの‘Four' & Moreの現代版か思うほど
アグレッシヴで力強く。

ブレッカーブラザーズ時代のマイケルのように
難解なフレーズを洪水のごとくあふれさせ。

時に鬼気迫って火を噴くショーターのような、
圧倒的なエネルギーとインパクト。

それらの例えを用いても、
まだまだそのサウンドを物語るには
到底、例え難いものだった。


ともかく、今宵の大野俊三は違っていたのだ。

でももしかしたら私が知らなかっただけで
元からこのくらい凄かったのかもしれない。

あまりに強烈だったので終ってからベースの古木君に
 
『今日の俊三さん、ヤバイね。』
 
と言ったら
 
『今日はツアー中で特にすごいです。』
 
と言っていたので本当に今日は凄かったのだろう。

『これが大野俊三の真骨頂だったのか。』
私はそう思った。

60歳を超えてこのように若々しく、力強く、
輝いて、堂々とした獅子吼のようなトランペットを吹く
プレイヤーを大野氏の他に私は知らない。

11/1は是非、大野氏のプレイを体験すべきである。
ファンであるならば今の大野氏を聞き逃すのは
はっきり言って損である。


難しいジャズ理論を
マンガで解りやすく、楽しく学べたら・・・
と言うコンセプトで製作した
マンガで学ぶジャズアドリブ理論!

~おジャズのおケイコ~

の第1巻のサンプル(立ち読み)を紹介します。

おジャズ表紙
Lesson1png001
Lesson1png002
Lesson1png003

購入はこちらから→おジャズのおケイコ 第1巻





八王子音楽教室A・MUSE総合サイト
八王子音楽教室Let's Play Tongether総合サイト
八王子の大人の音楽教室A・MUSE総合サイト2016
八王子音楽教室A・MUSEサックスサイト
八王子音楽教室A・MUSESAXLESSON
八王子音楽教室 渦男のジャズ道場
オススメのアドリブ教材
八王子の大人の部活ジャズ部
Web de Sax the Movie
八王子音楽教室A・MUSEジャムセッションブログ
八王子音楽教室A・MUSEFacebook
網 渦男のYoutubeチャンネル
ジャズ道場 ツーファイブフレーズのアナライズ
WEB de SAX the Movie Vol.1 ~入門編~
WEB de SAX the Movie Vol.2 ~マウスピースについて
WEB de SAX the Movie Vol.3 ~アムブシュアについて
WEB de SAX the Movie Vol.4 ~ファットリップについて
WEB de SAX the Movie Vol.5 ~DuDaDuDaタンギングの練習法
発表会講師演奏2006 SOS
発表会講師演奏2006  I Mean You
発表会講師演奏2007 Mayden Voyage




恒例のア・ミューズジャムセッションのお知らせです!
2月もいつも通り第2日曜日で開催いたします!
詳細は以下の通り↓
【日時】2/14(日)14:00~17:00
【会場】サクラヤコーヒー店
【参加費】1,500円+1drink~、見学無料!!
【コメント】
・基本的に初心者に優しいセッションを心がけております。
・ロープーの方は参加費無料!宣伝告知はご自由に!
【お問合せ】
ミュージックサロン ア・ミューズまで
℡ 042-645-6030

おぉっと!それから宣伝告知をもう1つ。
私が書いた教則本が発売となりました。
初心者向けのアドリブ教本です。
詳細はこちら→教材販売
『アドリブってどうやってやるの?』
とか
『理論書買って読んだけど挫折したわ』
っていう方々の為のチョー簡単に書かれたアドリブ攻略の本ですので、
是非、ご一読ください!



八王子音楽教室A・MUSE総合サイト
八王子音楽教室Let's Play Tongether総合サイト
八王子の大人の音楽教室A・MUSE総合サイト2016
八王子音楽教室A・MUSEサックスサイト
八王子音楽教室A・MUSESAXLESSON
八王子音楽教室 渦男のジャズ道場
オススメのアドリブ教材
八王子の大人の部活ジャズ部
Web de Sax the Movie
八王子音楽教室A・MUSEジャムセッションブログ
八王子音楽教室A・MUSEFacebook
網 渦男のYoutubeチャンネル
ジャズ道場 ツーファイブフレーズのアナライズ
WEB de SAX the Movie Vol.1 ~入門編~
WEB de SAX the Movie Vol.2 ~マウスピースについて
WEB de SAX the Movie Vol.3 ~アムブシュアについて
WEB de SAX the Movie Vol.4 ~ファットリップについて
WEB de SAX the Movie Vol.5 ~DuDaDuDaタンギングの練習法
発表会講師演奏2006 SOS
発表会講師演奏2006  I Mean You
発表会講師演奏2007 Mayden Voyage




サイトを作成しました。
http://shito4.wix.com/a-muse-sax






八王子音楽教室A・MUSE総合サイト
八王子音楽教室Let's Play Tongether総合サイト
八王子の大人の音楽教室A・MUSE総合サイト2016
八王子音楽教室A・MUSEサックスサイト
八王子音楽教室A・MUSESAXLESSON
八王子音楽教室 渦男のジャズ道場
オススメのアドリブ教材
八王子の大人の部活ジャズ部
Web de Sax the Movie
八王子音楽教室A・MUSEジャムセッションブログ
八王子音楽教室A・MUSEFacebook
網 渦男のYoutubeチャンネル
ジャズ道場 ツーファイブフレーズのアナライズ
WEB de SAX the Movie Vol.1 ~入門編~
WEB de SAX the Movie Vol.2 ~マウスピースについて
WEB de SAX the Movie Vol.3 ~アムブシュアについて
WEB de SAX the Movie Vol.4 ~ファットリップについて
WEB de SAX the Movie Vol.5 ~DuDaDuDaタンギングの練習法
発表会講師演奏2006 SOS
発表会講師演奏2006  I Mean You
発表会講師演奏2007 Mayden Voyage



前回(2012年)に続いて今回も
大野俊三氏の日本公演のお手伝いをさせて頂く事となった。

思えば前回の公演は私自身が左半身不随の状態であった。
使える右手で原付を運転し、自作のチラシを
八王子市内にポスティングしまくった。

当初はある団体の理解と協力が得られるかと
若干の期待をしていたが、
ある些細な勘違いから、
その団体からは協力どころか
『不買運動』を起こされ、
プロモートは前途多難が予想された。

本来はその団体の方が喜んでいただけるのではないか?
との思いで八王子公演を決めたのだが、
残念な結果になってしまった。

なので私は、一般の方々に宣伝しまくるしかなかった。
とは言っても八王子全戸を廻ることなど不可能である。
特にあの時は急遽決まった追加公演であり、
私一人では時間的にも物理的にも限界があった。

そこで私はこう考えた。

『どんな人に俊三さんの演奏を聴いて頂きたいか?』

私はある先達の言葉を思い出した。

弟子に、世界平和とはどのような状況をいうのか?
と質問されたその先達は

『普通のご婦人たちが井戸端会議で芸術について語りあうこと』

と答えたという。

私は決めた。
大野俊三という人を知らない人に向けて宣伝をして行こう。
どうせ時間はない。この興行で収入は得られないかもしれない。
ならば『何が大事か』フォーカスしてそこに集中しよう!

私は『儲け』ではなく『意義』を選択した。
結果はこちら→http://a-muse.seesaa.net/article/273876099.html
に書いた通り大成功だったのだが
『儲け』は無かった(笑)。

さて、前置きはこのくらいにして
前回の公演終了後、ロビーにて
埼玉から呼んだ私の母親を大野氏に紹介させて頂いた。

感動で涙ぐむ母に大野氏から
『息子さんの体が復活したら今度は是非息子さんと共演しましょう!』
と言葉をかけて頂いた。

私は失礼ながら老婦人を気にかけた俊三さんなりの
単なる『リップサービス』だろうと受け止めた。

なぜなら当時の私は左手は麻痺、呼吸障害もあり、
とてもサックスなど演奏できる体ではなかったからだ。
しかもリハビリに通うお金の余裕もなく、
プレイヤーとして復活する希望など完全に失せていたのだ。

だが、3年後の本年5月。
私はビッグバンドの一員として俊三さんとの共演を果たす。

私が諦めていた約束を
俊三さんが果たしてくれたのである。

さらに言えば私が初めて大野俊三という人を知ったのは
中学生の時であった。スーパーサウンズというバンドで来日し
サックスを買ったばかりの私は
憧れの眼差しでその演奏を見ていた。
『いつかこの人たちと一緒に演奏したい』
そんな風に思った記憶がある。
中学生の淡い夢であった。


人の運命とは不思議なものである。
何気ない出会いや
ささいな言葉の交流が
人生を大きく変えることもある。

それらはきっと小さな点のように見えるかもしれない。
その点をどう受け止め、他者と自身の為に
どうリンクさせ、運命という糸で紡いでいくのかが
人生の醍醐味であり、ドラマであるのかもしれない。
偉大な哲学者は言った。
『君よ、人生のドラマの主人公たれ!』
5.15も私にとっては小さな点かもしれない。
が、今度は私がこの点を他者との関係において
意義あるものに変えていきたいと思っている。

そう考えながら共演する曲のアレンジの
1音1音を紡いで行こうと思っている。
それでは皆さん、5/15の18:30、
八王子いちょうホールでお会いしましょう!
ライブ告知サイト→http://amiuzuo.wix.com/shunzoohnolive





八王子音楽教室A・MUSE総合サイト
八王子音楽教室Let's Play Tongether総合サイト
八王子の大人の音楽教室A・MUSE総合サイト2016
八王子音楽教室A・MUSEサックスサイト
八王子音楽教室A・MUSESAXLESSON
八王子音楽教室 渦男のジャズ道場
オススメのアドリブ教材
八王子の大人の部活ジャズ部
Web de Sax the Movie
八王子音楽教室A・MUSEジャムセッションブログ
八王子音楽教室A・MUSEFacebook
網 渦男のYoutubeチャンネル
ジャズ道場 ツーファイブフレーズのアナライズ
WEB de SAX the Movie Vol.1 ~入門編~
WEB de SAX the Movie Vol.2 ~マウスピースについて
WEB de SAX the Movie Vol.3 ~アムブシュアについて
WEB de SAX the Movie Vol.4 ~ファットリップについて
WEB de SAX the Movie Vol.5 ~DuDaDuDaタンギングの練習法
発表会講師演奏2006 SOS
発表会講師演奏2006  I Mean You
発表会講師演奏2007 Mayden Voyage



↑このページのトップヘ