渦男のジャズ道場

八王子の音楽教室ミュージックサロンア・ミューズのサックス講師 網 渦男のブログです。 サックスに関すること、ジャズに関することなどをまとめております。(旧さきこら)

カテゴリ:日記&コラム > レビュー

昨日で本年の営業を終えたので
今日は、先日イタリアを代表するジャズテナーの
Max Ionata氏のワークショップでお世話になった
マーマデュークミュージックへお邪魔した。

ワークショップの際は大盛況だった為、
なかなかゆっくり商品をチェックできなかったので
是非、このジャズサックスマニアの心をくすぐりまくる
『秘密基地』をしっかり探索したかったのである。

私自身のマウスピースやリードなどのアクセサリーの
物色もあったが、それ以上に、私がレッスンをしている
受講者の方のアクササリーや楽器の悩みもあったのだ。
というかそれが一番大きかったのだ。

というのも、解る人は解ると思うが、
近年のサックスやそのアクセサリー関連のメーカーの
複雑化というか群雄割拠の有様は甚だしく、
質の低下や、価格の高騰で以前のようにお客様に安心して
『これなら間違いないですよ』と販売できるものが
残念ながら少なくなってしまったのだ。

マウスピースにしても、敢えて名前は出さないが
アルトはコレ。テナーはコレ。という定番があった。
だがそれらは年々価格が高騰し、ここ数年で
倍近くの値上がりを見せているものもある。
昔は当教室で会員割引して1万円弱ほどで販売出来ていたものが
今は2万円弱という高騰ぶりだ。

インフレを期待するのもわかるが、
上げるのは高級品だけにして欲しいものだ。

また逆に、今やサックスも下手をすると
ネットで2~3万円で売っている時代である。
ウチの入会者の中にも『ネットで2万円でした』と
買ってきてしまう方もいる。

本人は『いい買い物をした』と思っているので
『コレはひどい』とはなかなか言いづらいものであるが、
いずれわかることなので2万円のサックスがどんなものか
正直に話さなければならない。
『音が出ないのは貴方のせいではなく楽器のせいですよ』と。

初心者ほど良い楽器を使ってもらいたい。
良い楽器は拭き方を『ここがツボですよ』教えてくれるからだ。
変な楽器を使ってしまうとなかなかコツがつかめない。
私が吹いても吹きにくい楽器を初心者がコントロールできるはずも無い。
でも初心者はそんな事自体、当然だが知らないのだ。

なので、私は『安価な中国製は買ってはいけない』とずっと主張してきた。
サックスに関しては台湾製はOKだ。全てとは言わないが質は良いものが多い。
私が10年以上おススメしてきたグローバル社の『IO』は
台湾製だが素晴らしいものだった。

9年ほど前にIOとアメセルMarkⅥのブラインドテスト、つまり
音源だけでどれがアメセルMarkⅥかを当てるクイズをやったが
正解者はたった1人だけだった。
まさにIOはそのキャッチフレーズであった
『銘器が嫉妬する』にふさわしいモデルであった。
私もアメセルMarkⅥのテナーとセルマーシリーズⅡのソプラノを売って
IOに買い換えたほどだった。

その銘器IOも残念ながら製造終了となり、
今後、私の受講生にどの楽器を薦めるかが差し迫った悩みであったのだ。

勿論、高額であればよい楽器はあるだろう。
しかしIOはなんと20万円台ですばらしいコストパフォーマンスであった。
他のメーカーの30~40万円代のものに迫る質の高さだったのだ。
IOブラックニッケルモデルの音源→http://a-muse.seesaa.net/article/21434577.html

昨今、昔と違いサックスに40万円を出せる人は少なくなったであろう。
しかもウチは分割が出来ない一括払いであるから20万円くらいが限度だ。
皆様のボーナスや貯金を無駄にしないためにも
コスパの良い楽器を探さねばならなくなったのだ。

前置きが大変長くなったので結論から言うと
今日のマーマデュークへの訪問は素晴らしい収穫であった。
お世辞でもなんでもない。ここにお世辞を書いたところで
受講生にはバレバレなのでそんなことは書けない。

今後の楽器、マウスピース、リード、ストラップなど
悩みは全て『驚きと大満足』のうちに解決したのだ。
世界の名だたるプレイヤーがマーマデュークを絶賛するのも当然だ。

驚きの1つはマーマデューク代表であり、
自身がマウスピース職人である宮武氏の確かな技術と豊富な知識である。

昨今マウスピースの世界もハンドメイドの群雄割拠である。
2011年、私は脳卒中でサックスが吹けなくなった。
当時はメインはフロリダリンクの10番相当にリードはダニエルの3半
という強気なセッティングで吹いていた。
当然後遺症で話す事も困難な私にそんなセッティングで音が出るわけが無い。
ろれつも回らず、喉も舌もコントロールできない状態であった。

ソプラノを吹くまでに半年、アルトに1年、テナーに2年以上かかった。
その際、国内外の多くのハンドメイドマウスピースを10個以上試したが、
唯一音が出たのはマーマデュークのみであった。

一般に効率を追求すると音色は物足りなくなる。
ジャズで重要な雑味も減るからだ。
雑味を求めると、コントロールや効率が悪くなる。
これがマウスピースのジレンマだ。

マーマデュークはこの難題をクリアしている。
ありがちな『このマウスピースの音』みたいに
マウスピースの個性で売らんとするのでなく、
『このポテンシャルなら貴方の好きなサウンドを作れますよ』
という飽きない懐の深い、奏者が育てるマウスピースなのだ。

価格帯もアルトで1万円ほどのものもあって、
それも充分、受講生に薦められるクオリティであった。

テナーのメタルではキラーマウスピースがあった。
これは3分以上吹くと買ってしまうと直感したので
私は10秒で吹くのを止めた(笑)『ヤバイ奴』だった。
これ→https://www.youtube.com/watch?v=s-KwtTUJlmU

さらにもう1つの驚きは中国製の楽器のクオリティだ。
いずれ中国製も台湾製にその品質が追いつくであろうとは
思っていたが、もうそれは起こっていたのだ。
ただ、中国製の全てではない。
勿論、良いメーカーとそうでないものが混在している。
宮武氏は独自のルートで部品から組み上げ、
検品などに細心の注意を払い、
『中国製=粗悪品』というイメージに革命を起こさんとしている。
本日、マーマデュークの低価格帯とその上の価格帯の両方を
試奏させていただいたのだが、コスパは全く問題ない。
『これが中国製か?』と思うほどで、
私の固定観念を改めざるを得なかった。
勿論、品質の安定と言う課題は今後も残るのだろうが、
『ここまで出来る技術があるのか!』と驚いた。
因みにマーマデュークの店舗は来年2月には今の神保町から
聖地『大久保』に移転されるそうだが、
私としては八王子からのアクセスが良くなるのでうれしい事だ。

いずれ楽器もマウスピースも試奏音源の動画でもアップしたい所だが
私はまだ左手が麻痺しているのでバラバラかっこよく吹けないから(笑)
なにかバラードでも吹こうかな(笑)来年にご期待!














㈱グローバルのフラッグシップモデルである
『イオ セライバフリーシステムモデル(アルト)』(AS1065SF-GL)
の期間限定特別セールのご案内です。

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、
昨年、台湾製サックス『イオ』の製造販売が
惜しまれつつも中止となってしました。

イオは台湾のジュピター社の工場の一画で生産されていた
㈱グローバルの設計によるサックスです。
近年、有名サックスメーカーが実際はほぼ中国やベトナムでの
生産に移行し、クオリティが以前と変わってしまっている
という状況(あまり詳しくはかけませんが)の中で
台湾製のサックスの評価が高くなって来ていました。

理由は2000年以降、有名なS社の職人が大量に
台湾にヘッドハンティングされた事で、あの伝統と技術が
台湾の工場に継承された事によります。

特にイオはS社のサックスの良い所を可能な限り継承し、
デメリットである音程のバラつきや抵抗の強さなどを
改善した初級~中級者にもうれしいモデルとなりました。
その品質の高さから多くのプロも愛用しているモデルです。 

私はその開発の段階(15年ほど前でしょうか)から
試作品の試奏など、関わらせて頂きましたが、
初号機はまさに『S社のそれそのもの』という印象で、
当時の台湾の技術に脅威を感じたと共に、
新時代の到来を予感させられたのを記憶しております。

さて前置きが長くなりましたが、この度、そのイオの
最上級モデルである『セライバフリーモデル』のアルトが
製造中止にも関わらず、3本ほどご紹介できます。

セライバフリーはサックスの悩みの種である
『つば漏れ』を軽減する為に改良されたモデルです。
管内に磁石で金属棒を吸着させる事で管内の水分の流れを
コントロールし、左手タンポのつば漏れを防いでいます。
 
しかし、私が特筆すべきと思う所はそこではありません。
実はこのモデルは左手パームキーの位置も変更されております。
それが高音域(High D、D#、E)の抜けを良くし、
かなり太く豊かで安定した音を出す事に成功しております。
高音が苦手な方はこれにより難なく高音域の演奏が可能になる
のではないか?と思います。実際、私の生徒さんもこれで
大きく変わりました。
まさにこの価格帯で言う事無し、大満足の楽器です。

あえて解る人にだけ解るようなそ例えで言うならば(笑)
『S社があの頃のように現在もサックスを生産していたらこうなったのかもしれない』 
というイメージです。
過剰な装飾や仕上げなどで奇をてらう事もせず、
サックス本来の設計、材質などを重視し
『ちゃんと作っている』サックスです。
ある意味『玄人ウケ』のモデルですので
サックスの良し悪しが解る人に買って頂きたいと思っております。
吹けば必ず満足はしても後悔はしないでしょう。
イオはあえてモニターや広告塔は使わず、
その品質のみで多くのプロが愛用し、絶賛するモデルです。 

イオシリーズ自体、昨年、製造中止になったので
現在このセライバも手に入れるには、
全国の楽器店の店頭在庫を当たるか、
中古を探すかしか無い希少モデルとなる状況かと思われます。
 

しかもその価格は定価307,800円(税込)のところを
216,000円(税込)で提供できる事になりました。

『~銘機が嫉妬する~』というキャッチフレーズで
発売されたイオがまさにその通りの理由で
(詳しく言えませんが)生産終了となってしまったことは
何とも残念で感慨深いものがありますが、
ぜひこの機会に幻の銘機『イオ セライバ フリー モデル』を
手にしていただければと思います。
現在残り1本となりました。 

お問い合わせ、ご購入希望の方は
musicsalon.amuse0301@gmail.comまで連絡ください。
期間は本日より2/9まで  3/13までの期間限定となります。

参考サイト
アルトのセライバではありませんが
イオのテナーの標準モデルの音源が聴ける私の旧ブログです。
http://a-muse.seesaa.net/article/77885760.html

メーカーの商品ページ(価格は消費税5%時のままのようです)
http://www.global-inst.co.jp/misc/io_saliva-free.html

メーカーカタログのページ
http://www.global-inst.co.jp/misc/io_sax_web.pdf




↑このページのトップヘ